なぜ日本人は英語が苦手なのか?

You Tubeで恥ずかしげもなく披露しているので気づいている方もいると思うがボクの英語はテキトーなもんだ。

何しろ英語に関しては勢いとフィーリングをモットーに掲げてここまで生きてきている。

「あなたの英語は少しおかしいですね〜」などと極めてマジメな日本の方からご指摘をいただいたりしているのだが、ボクは極めてマジメに「そうです。私の英語はテキトーなのです」と答えておきたいと思う。

 

そもそもボクの英語は若かりし頃にサーフボードを抱えて旅を続けていた頃に必要に迫られて身につけたものである。

人里離れて奥へ奥へと僻地を旅をしていれば日本語を使う機会などほとんどなくなってしまう。

旅先で出会うツーリストとは英語でコミュニケーションを取らなくてはならなかった。

生きていくために英語を使わざるをえなかったのだ。

だからボクにとっては前置詞が『at』でも『in』でも通じさえすればどちらでもよかった。

現在完了形なんてもんは使ったことがなかったがそんなもんは過去形だけでも十分通じた。いや、過去形さえ使わなくても最後にyesterdayとつけておけばそれだけで十分だった。

 

言語に対してあまりマジメに考えすぎるとかえって喋れなくなるというのがボクの自論だ。

ネイティブだって平気な顔してShe doなんて言ったりする。

教科書的にはDoesが正しいのだろうが言葉としてはきっとどちらでもいいのだろう。

それをShe( do, does, did)などという問題を作り、正しいものに丸をつけよ、なんてことをしてしまうからかえって言葉が出なくなってしまうのではないだろうか。

我々日本人だっていつでも正しい日本語を使っているわけではない。

それと同じことである。

 

日本人は英語を苦手にしている民族だ。

単一民族単一言語の国民なのである意味仕方がないのかもししれない。

しかし悔しいことに他のアジアの人々は少なくとも我々日本人よりは英語を流暢に話すことができるという事実がある。

 

英語なんてもんは所詮ヨソの国の言葉。

もともと間違えて当たり前。

間違えたっていいじゃない。

言っていることが理解できなかったら「ちょっとわかんない。もう一回言ってみて」といえばいいだけのことだ。

言っていることが通じなければ身振り手振りでなんとか伝えようとすればいいじゃないか。

同じニンゲン同士なわけだからカタコトでもなんでもいいから話しちゃえばいいじゃん、とボクは思ってしまう。別に英語が喋れるからエライわけでもなんでもないし。

むしろ英語しか喋れないネイティブスピーカーより日本語とカタコトの英語を話せた方がエライではないか。

ちょっとしか喋れないことを恥ずかしいと思うのではなく、少しでも喋れることに胸を張ればいいではないか。

恥ずかしながらボクはそんなマインドで英語を使っているのだ。

勢いとフィーリングと自信さえあれば案外コミュニケーションは取れてしまうものなのである。

有本圭

インスタグラムkeiarimotoではバリ島ライフをほぼ毎日アップしてます。こちらも是非フォローしてくださいね!

Saltwater magazineのインスタグラムも始めました。こちらもよろしくお願いいたします!!