サーフィン、レールへの意識

サーフィンを上達させる上で最も身につけるべきスキルといえば・・・

テイクオフ、ドルフィン、パドル。

もちろんこの辺は当然マスターしなくてはならない。

しかしサーファーが上達する上で立ちはだかるもっとも高い壁は『レールワーク』である。

ボトムターンもカットバックもリッピングも、エアリアルでさえ技を決めるにはレールワークが必要だ。

スピードをつけるにはレールワークが必要だ。

またテイクオフでさえレールをうまく使えなくては高度のテイクオフはできない。

要するにレールワークを身につけなければイッパシのサーファーにはなれないのである。

レールワークはサーフィンで最も身につけるべきスキルと言っていいのだ。

 

娘バリ子はサーフィンを始めて間もないわけであるが、こういうときにこそしっかりと基礎を身につけなくてはならない。

しかしあまりスパルタになっては続かなくなってしまう。

あくまでもサーフィンは楽しく。

そんな中で気がついたら学びがあった、というのを目指していた。

しかし本人的にはあまり学ぼうという姿勢がないようなので楽しくやっているうちにいつの間にか上達していたという指導方法へとシフトせざるをえなくなった。

これはなかなか難易度が高い。

本人に上達の意思があまりない中で指導していくのはなかなかハードルが高いのだが、将来バリ子と一緒にサーフィンをするという夢を叶えるためにもここで諦めるわけにはいかないのだ。

 

本日はサーファーとしての第一歩。

『レールを使う』ことにフォーカスして指導してみた。

まずはレールを使う意識を持たせること。

あまり細かいことはアレコレ言わずにレールを使って波を横に滑ってみようということだけを伝えてみた。

ボディボードである程度レールの使う感覚は持っているので体重のかけ方で少しずつコツをつかんくれたらという期待を込めて。

 

ビギナサーファーのみなさん、また、サーフィンを教える立場にある方はちょっとした参考になると思います。

また、バリ子の奇跡のターンも収録しましたよ(笑)

それではSaltwater TVでどうぞ!

有本圭

※You TubeSaltwater TVのチャンネル登録をどうぞよろしくお願いいたします!

7月末までに登録者が3000人に達しない場合、サポートが打ち切られてしまうのです(泣)