ロングボードのドルフィンの仕方

先日のことである。

リーフポイントでサーフィンをしていたら突発的にセットがドドーンと入ってきた。

ボクの目の前にはビキニのお姉さんがパドルしており、彼女のドルフィンの瞬間を肉眼カメラでシャッターを切ろうと注目していると、突然ボードを捨てて潜ってしまった。

しかも目の前で。

おーい。

アブナイよ〜。

天国から地獄に突き落とされたような気分になったのだった。

 

このようにドルフィンがちゃんとできないサーファーは案外多い。

ドルフィンができなければ沖に出るのに一苦労だ。それに無駄な体力を消耗してしまうことにつながるだろう。

ショートボードに限らず、ミッドレングス、ロングボードでもドルフィンの技術は身につけておきたいものだ。

 

本日は若手プロロングボーダーの中でもっとも注目を集めているサーファーのひとり、山本誠愁プロによるドルフィン講座をお送りしようと思う。

彼の場合、ロングボードでどんな波でもドルフィンで抜けていくことができるのだ。

ノーズの広いロングボードをしっかり沈めるにはあるコツがあった。

どうすればボードをしっかり沈めることができるのだろうか?

ショートボードやミッドレングスでうまくボードを沈めることができない、なんていうサーファーの方も必見だ。

より難易度の高いロングボードのドルフィンのメカニズムを理解できれば、ショートやミッドレングスにもうまく活用することができるだろう。

それでは続きはSaltwater TVでどうぞ!

有本圭

※You TubeSaltwater TVのチャンネル登録をどうぞよろしくお願いいたします!

7月末までに登録者を3000人にしないとサポートが打ち切られてしまうのです(泣)