映画『WAKITA PEAK』が劇場公開決定!!

いよいよ映画『WAKITA PEAK』が劇場公開を迎えることになった。

この映画は日本のサーフィン界にとって非常に重要な作品である。

世界最高峰の波、パイプラインにおいて世界でたった一人ピークに名前を刻んだ男。その男はハワイアンでもなければローカルサーファーでもない。

その男こそ脇田貴之その人なのだ。

 

この映画にはナレーションもなければ白々しいセリフもない。本編中には音楽すらない。いや、きっと必要がない。脇田さんとそのファミリーの日常は秀逸な物語をも凌駕する人生ドラマであり、ナレーションや音楽などを必要としないのだ。

 

この映画は全編を通してひたすら『リアル』が追求されている。

脇田貴之という人間としてのリアル。

彼のファミリーのリアル。

そして一人のサーファーとしてのリアル。

まるで侍のようにひたむきで実直なサーファーとしての生き様を決して飾ることなく、しかし卑下することもなく、ただひたすらリアルを追い求めた作品となっていた。

 

上映時間は瞬く間に過ぎていき、エンドロールが流れ始め、Keisonの歌声とともにはたと我に返る。潔いサーファーとしての生き方が心地よく、いつまでも彼の生き様を見ていたいとさえ思った。

そして鑑賞後にはサーファーとしての様々な思いが頭を巡り、深い後味を残していってくれた。

 

サーファーの皆さん、サーフィンをちょっとかじったことがあるという皆さん、サーフィンにほんの少し興味があるという方々、ぜひ騙されたと思って劇場に足を運んでいただきたい。

上映時間中はつま先から頭のてっぺんまでズッポリとサーフィンの世界を堪能できることを保証しよう。

サーファーとしての人生をよりシンプルに、そしてよりピュアに昇華させていった一人のサーファーとしての生き様が、何かと忙しく複雑な現代人の我々の心の片隅に小さな種を植え付けてくれることだろう。

その種がどんな芽を出すかはあなた次第ということで。

 

『WAKITA PEAK』劇場公開に際しまして、クラウドファウンディングや投稿シェアなどでご協力いただいた皆さんに心よりお礼申し上げます。

有本圭

※ 一般公開は6月8日(金)よりお台場のユナイテッド・シネマ・アクアシティほか全国順次公開されます。
前売り券一枚につき100円と配給収入の5パーセントがサーフライダーファウンデーションに寄付され、日本の海岸環境の保護に役立てられます。