誰でも簡単に幸福になれる方法

日本に残してきたご両親のアレコレを解決し、ド天然嫁が3ヶ月ぶりにバリ島へ戻ってきた。

それと同時に少しずつ我が家の日常も戻ってきた。

 

当たり前の日常。

朝起きると食卓に朝食が用意されている。

娘バリ子のお弁当も、アフタースクールの準備もすっかり整っている。

夕食の献立に頭を悩ませるようなこともない。

洗濯物だって自動的にタンスに仕舞われている。

当たり前のようにサーフィンに出かけ、午後は仕事に専念する。

 

これまで当たり前だと思い込んでいたことは決して当たり前などではなく、ド天然嫁が家庭のことを引き受けてくれていた上に成り立っていたことに気付かされることになった。

ほんの些細なことでさえいちいち『ありがとう』と思えるようになったのだ。

 

慣れてしまうとついつい色んなことが『当たり前』に見えてきてしまう。しかしほとんどの当たり前は決して当たり前などではなかったりする。

当たり前だと思っていることのほとんどが実は色んな人の支えや協力の上に成り立っていたりするのだ。

 

バリ子とのふたり暮らしはボクに大きな気づきをもたらせてくれた。

それでもなお『当たり前』だと思い込んでいることの一つ一つをもう一度吟味してみる必要がありそうだ。

そんな風に視点を変えてみると今までに見えていなかった景色が視界に入ってくるようになる。

自然と感謝することが増え、感謝している瞬間は幸福感で包まれていく。

幸福とは案外灯台下暗しで、周りの環境や置かれた立場、地位やお金、理想的なライフスタイルなどではなく、心のありようなのかもしれないと思うのだ。

有本圭

インスタグラムkeiarimotoではバリ島ライフをほぼ毎日アップしてます。こちらも是非フォローしてくださいね!

Saltwater magazineのインスタグラムも始めました。こちらもよろしくお願いいたします!!