本気でサーフィンが上手くなりたい人へ

サーフィンは難しい。

そう簡単には理想的なライディングに近けることはできない。

いつまでたってもままならないのである。

 

しかしときどき海に入っていて何でもできちゃうような気分になることがある。その日の身体のコンディションや波との相性なんかでそういった状態が年に何度かやってくる。

そんな時はどんな波に乗ってもある一定以上のパフォーマンスを出すことができてしまう。

俺、天才か?

勘違いがしそうになる。

いつでも安定してそんな状態になれるのであればもう一度コンテストに出てみたいな〜などと思ったりするのだが、なかなかそういうわけにはいかない。

ボクはどちらかというと好不調の波が激しい部類に入るのだ。

 

かつてボクはサーフィンという競技を楽しんでいた。

競技とはつまり他人との争いで優劣をつけるものである。

真剣に取り組んだ上でその競技に勝てないと後味の悪い悔しさが残る。悔しさをバネに次は勝ちたいと本気になる。悔しさは人を押し上げるエネルギーを生み出すのである。

 

どうして負けたのだろう?

波のチョイスが悪かった?

技の精度が低かった?

スピードが出てなかった?

波の使い方が上手くいってなかった?

 

コンテストで勝つことを熱望するようになると自分のサーフィンと真剣に向き合うことになる。

自分のサーフィンに何が足りない?

何を練習すればいい?

どうすれば勝てるサーファーになれるのだろう?

そんな風に自問自答しながらサーフィンと真剣に向き合っているサーファーとただ楽しんでいるサーファーでは明らかに上達のスピードが違ってくる。

もし、真剣にサーフィンが上手くなりたいと考えているのであれば是非コンテストに出てみよう。

これからの季節は各地で様々なサーフィンコンテストが開催されるのでお近くのサーフショップで情報を集めてみることをオススメする。

有本圭

インスタグラムkeiarimotoではバリ島ライフをほぼ毎日アップしてます。こちらも是非フォローしてくださいね!

Saltwater magazineのインスタグラムも始めました。こちらもよろしくお願いいたします!!