サーフィンと重なる我がダラシナ人生

海に入っていて『サーフィンはまさに我が人生そのものだ』などとタイソウなことを思ってしまうことがある。

それほどまでに我がダラシナ人生とサーフィンがオーバーラップすることがあるのだ。

 

例えばこんなこと。

余裕をこいて片手でダラダラとパドルアウトしている時に限ってその日最大のセットが連なりながら入ってきて、エゲツなく波に飲み込まれてしまうようなことがある。

波にグルグル巻かれて息も絶え絶え全力で沖に向かわなかったことを悔いたりする。

油断せずマジメにパドルアウトしてさえいればそのセットの波を乗り越えることができたはずだった。

そんな時、仕事で少し安心して軽く気を抜いてしまったことで思わぬ事態を招いてしまい、大きなものを失ってしまった時の無念さと重なってしまう。

やはりどんな時でも精一杯全力で立ち向かっていかなくてはならない、などと自分を戒めたりするのだ。

 

またこんなこともある。

なんの気なしに沖で浮かんでいたら突然素晴らしい波が自分を目がけるようにやってきて、スイッとその日最高の波にありつけたりする。

いい波というのは案外追いかけていない時に限って目の前に現れたりするものなのだ。

また反対にいい波に乗れずに焦ってしまい、右往左往とポジションをめまぐるしく変えてしまうことがある。

そんな時に限って裏目裏目にハマってしまいまったく波に乗れなくなってしまう。

ああ、ポジションを変えていなかったらあの波に乗れたのに〜と歯ぎしりをしながらさっきまで自分のいた場所で綺麗にブレイクする波を眺めたりすることがあるのだ。

こんなことも我がダラシナ人生と重なる。

ただ何の気なしに暮している中で自然と出会った人から雑談しているうちに仕事の話が舞い込んできて、なんとなくの流れでその仕事を受けたら大化けしたりすることがある。

特に努力して自分から取りに行った仕事でもないのに、素晴らしい結果がもたらされたりすることがあるのだ。

ラッキーってやつだ。

逆に一生懸命計画を立ててあちこち駆けずり回っていろんな人に唾を飛ばしつつ熱く説明しても全く一向に受け入れてもらえなかったり、何度も何度も交渉を重ねてプロジェクトを進めようと躍起になっても結局は頓挫してしまったり。

努力はウソをつかないというが、時としてウソをつくこともある。

自分でコントロールできないことってもんがこの世にはあるのだ。

 

こんなママナラナイことも含めて人生はオモシロイのかもしれない。

サーフィンと同じように。

よくも悪くも思い通りにならない絶妙なバランスが人を虜にし魅了するのかしれない。

サーフィンは人生のようだ。

ままならない。

だけど楽しい。

だから生きていて思い通りにならないなどと嘆いたりするのはもうやめにしよう。

精一杯やりきったらあとは流れに任せる。

ゆったり沖で波が入ってくるのを待てばいい。

そんな感じでいいのかな。

有本圭

インスタグラムkeiarimotoではバリ島ライフをほぼ毎日アップしてます。こちらも是非フォローしてくださいね!

Saltwater magazineのインスタグラムも始めました。こちらもよろしくお願いいたします!!