やまない雨はない

どうも今年のバリの雨季はシツコイ。

晴天が2〜3日続き「あ〜、やっと雨季もひと段落か〜」などと喜んでいるとまた雨が落ちてくる。

バリ在住20年選手の方が「こんなに降ったことは過去にないわね」とおっしゃられてたくらいだ。

本日のバリ島もきっちり朝から雨模様なのである。(夕方は晴れましたね)

 

Saltwater magazineを立ち上げてさあこれからという時に肩を壊してしまった。

というのもシツコイくらいに書いた。それほどまでに悔しい出来事だった。

なんとなく今年の長雨季のようなさえない状況となっている。

さあこれからという時に出鼻をくじかれた格好になってしまったのだ。

 

今年に入ってまだ1ヶ月あまりしか経っていないのだが、「さあこれから」がすでに何度かくじかれている。なんだか今年の運気は相当にマズイことになっているのか?と気になって調べてみた。

するとこれが大変意外なことが書かれていた。

10数年に一度やってくる好運気というではないか。

 

ボクは基本的に占いの類は信じない。

「だったら何? 同じ日に生まれた人はみんな同じバイオリズムで生きてんのかい? 同じ日に生まれた友人は全く違うバイオリズムで生きてるぞ」とつい反発したくなる。

が、好運気となれば話は変わってくる。

いいことはね、まあ信じちゃえばいいよね、と華麗なる方針転換がなされることになる。

いいことは素直に信じてしまえばいいのだ。

 

ボクのこれまでの人生は悪いことと良いことが交互にやってくることが多かった。悪いことに見舞われてその場はガックシと落ち込むようなことでもそのことが起点となって案外良いことに繋がっていったりする場合がある。

振り返ってみると、あの最悪の出来事があったおかげで今の自分があるよね、なんて思えることがあった。

というかそういうことばかりだ。

あながち悪いことも悪くなかったりするのだ。

バリの雨季と同じで人生もまた、やまない雨はないということなのだ。

有本圭

インスタグラムkeiarimotoではバリ島ライフをほぼ毎日アップしてます。こちらも是非フォローしてくださいね!

Saltwater magazineのインスタグラムも始めました。こちらもよろしくお願いいたします!!